弱視・斜視を専門とする医師の一覧

トップページ 学会概要 入会案内 事務局・お問合せ お知らせ 学会開催のご案内 リンク
沿革と今後の目標 組織会則 学会誌・会報 学会賞受賞者一覧
学会賞募集要項 理事・監事選挙 多施設共同研究費 若手支援プログラム
日本弱視斜視学会
日本弱視斜視学会賞応募者募集要項
2008年より日本弱視斜視学会賞候補者を理事・監事の推薦だけでなく、全国大学教授・代表者ならびに自薦を可とすることになりました。下記の学会賞候補者推薦の内規をご熟読の上ご応募ください。
日本弱視斜視学会賞応募者募集要項
    
★推薦締切日

毎年2月末日
★日本弱視斜視学会賞候補者推薦内規
1.
日本弱視斜視学会会員(発表時)
2.
推薦対象者は若手研究者(おおむね40歳以下)
3.
推薦対象者選考方法は前年1月〜12月までの原著論文で、筆頭著者に限る。
発表誌に限定はないが、特別講演を除外する。
シンポジウムは受賞の対象とする。
4.
推薦対象者数は1名。
5.
既に学会賞を受賞したことのある人は再受賞しない。
6.
候補者は理事並びに全国大学眼科教授または代表者の推薦のほか、会員自薦も認める。
★送付書類
@
日本弱視斜視学会賞 申請書(様式1-1)
候補者推薦書(様式1-2) 自薦の場合は不要
業績(様式2)
A
前年1月〜12月までの原著論文の別刷、またはコピー
B
推薦者氏名を候補者推薦用紙に必ずご記入ください。
★別紙請求ならびに書類送付先

日本弱視斜視学会事務局.
〒567-0047 大阪府茨木市美穂ケ丘3-6 山本ビル 302
TEL:072-623-7878  FAX:072-623-6060
E-Mail:folia@hcn.zaq.ne.jp
 
      
日本弱視斜視学会賞 応募要項
    
第1条 目的

日本弱視斜視学会が日本の弱視・斜視の研究を助成振興し、研究向上発展に寄与することを目的とする。
第2条 対象者

日本の大学、大学院および医療機関、それに準ずる研究・教育機関に所属する視覚研究者であること。

前年1月から12月までの原著論文を対象とし筆頭著者に限る。発表誌は限定しないが、特別講演を除外する。

応募時本会の会員であり、年齢は原則として40歳以下とする。なお、すでに本学会賞を受賞したことのある人を除く。
第3条 授賞

応募者全員について選考し、弓削賞、中川賞、廣石賞それぞれ1名に対し、日本弱視斜視学会賞並びに副賞を授与する。

副賞は1名につき10万円とする。副賞の使途については特に制限は設けない。
第4条 応募方法

応募者は所定の別紙様式1(-1および-2,)、別紙様式2に必要事項を記入の上、研究題目に関連する学術論文3編以内の別冊7部ずつ(内6部はコピー可)を事務局あてに提出すること。様式1−2は他薦の推薦者がいる場合のみ提出し、なお推薦者は日本弱視斜視学会理事、もしくは国内の眼科教授とする。自薦の場合、様式1-2は提出の必要はない。別紙必要書類は下記申請書送付に請求のこと。
提出書類
 様式1-1(PDFファイル 35KB)
 様式1-2(PDFファイル 36KB)
 様式2(PDFファイル 40KB)
第5条 締切日

応募年の2月末日(消印有効)
第6条 選考および結果の通知

選考委員会にて各賞の受賞者を決定し、理事会にて承認後、その結果を4月末までに応募者に通知する。
第7条 授賞式および授賞記念講演

授賞式はその年の総会にて行い、また受賞者は授賞記念講演を行う。
【申請書送付先】
日本弱視斜視学会事務局
〒567-0047 茨木市美穂ケ丘3-6-302 日本眼科紀要会内
TEL 072-623-7878 FAX 072-623-6060
E-mail:
folia@hcn.zaq.ne.jp
 

| TOP | 学会概要 | 入会案内 | 事務局・お問合せ | お知らせ | 学会開催のご案内 | リンク |