多施設共同研究実績紹介

年度 代表研究者名 所属 研究テーマ 実績
2007年度 初川 嘉一 大阪府立母子保健総合医療センター 間欠性外斜視に対する後転短縮術についての多施設共同研究 初川嘉一、他:小児の間歇性外斜視に対する後転短縮術の治療成績:多施設共同研究.日眼会誌115:440-446, 2011.
2007年度 山田 昌和 国立病院機構東京医療センター感覚器センター視覚研究部 斜視が患者のQOLに及ぼす影響および斜視手術の効用に関する研究 Fujiike K, et al: Quality of life and cost-utility assessment after strabismus surgery in adults. Jpn J Ophthalmol 55: 268-276, 2011.
2011年度 仁科 幸子 国立成育医療研究センター 3D立体映像の視聴に関する実態調査 仁科幸子、他:3D立体映像の視聴に関する実態調査:多施設共同研究. 日眼会誌 117:971-982,2013.
2013年度 仁科 幸子 国立成育医療研究センター 斜視手術数の全国実態調査 Nishina S, et al: Survey of strabismus surgeries in Japan. Advances in Strabismus. Update on Strabismology, Proceeding of the XIIth meeting of the International Strabismological Association in Kyoto, Japan, Dec. 1-4, 2014, 474-478, 2016.
2013年度 根岸 貴志 順天堂大学 斜視手術の周術期管理に関する全国調査 進行中
2015年度~2016年度 若山 曉美 近畿大学 調節麻痺薬使用に関する施設基準および副作用に関する調査 若山曉美、他:調節麻痺薬の使用に関する施設基準および副作用に関する調査:多施設共同研究. 日眼会誌121:529-534, 2017.
Wakayama A, et al: Incidence of side effects of topical atropine sulfate and cyclopentolate hydrochloride for cycloplegia in Japanese children: A multicenter study. Jpn J Ophthalmol 投稿中
2017年度 三木 淳司 川崎医科大学 弱視治療に関するアンケート調査 進行中
2020年度 佐藤 美保 浜松医科大学 急性内斜視(スマホ・デジタルデバイス)の一次調査 進行中
2021年度 後関 利明 国際医療福祉大学熱海病院 斜視手術及びボツリヌス毒素療法の全国実態調査(2013年調査との比較) 進行中
2007年度
代表研究者名
初川 嘉一
所属
大阪府立母子保健総合医療センター
研究テーマ
間欠性外斜視に対する後転短縮術についての多施設共同研究
実績
初川嘉一、他:小児の間歇性外斜視に対する後転短縮術の治療成績:多施設共同研究.日眼会誌115:440-446, 2011.
2007年度
代表研究者名
山田 昌和
所属
国立病院機構東京医療センター感覚器センター視覚研究部
研究テーマ
斜視が患者のQOLに及ぼす影響および斜視手術の効用に関する研究
実績
Fujiike K, et al: Quality of life and cost-utility assessment after strabismus surgery in adults. Jpn J Ophthalmol 55: 268-276, 2011.
2011年度
代表研究者名
仁科 幸子
所属
国立成育医療研究センター
研究テーマ
3D立体映像の視聴に関する実態調査
実績
仁科幸子、他:3D立体映像の視聴に関する実態調査:多施設共同研究. 日眼会誌 117:971-982,2013.
2013年度
代表研究者名
仁科 幸子
所属
国立成育医療研究センター
研究テーマ
斜視手術数の全国実態調査
実績
Nishina S, et al: Survey of strabismus surgeries in Japan. Advances in Strabismus. Update on Strabismology, Proceeding of the XIIth meeting of the International Strabismological Association in Kyoto, Japan, Dec. 1-4, 2014, 474-478, 2016.
2013年度
代表研究者名
根岸 貴志
所属
順天堂大学
研究テーマ
斜視手術の周術期管理に関する全国調査
実績
進行中
2015年度~2016年度
代表研究者名
若山 曉美
所属
近畿大学
研究テーマ
調節麻痺薬使用に関する施設基準および副作用に関する調査
実績
若山曉美、他:調節麻痺薬の使用に関する施設基準および副作用に関する調査:多施設共同研究. 日眼会誌121:529-534, 2017.
Wakayama A, et al: Incidence of side effects of topical atropine sulfate and cyclopentolate hydrochloride for cycloplegia in Japanese children: A multicenter study. Jpn J Ophthalmol 投稿中
2017年度
代表研究者名
三木 淳司
所属
川崎医科大学
研究テーマ
弱視治療に関するアンケート調査
実績
進行中
2020年度
代表研究者名
佐藤 美保
所属
浜松医科大学
研究テーマ
急性内斜視(スマホ・デジタルデバイス)の一次調査
実績
進行中
2021年度
代表研究者名
後関 利明
所属
国際医療福祉大学熱海病院
研究テーマ
斜視手術及びボツリヌス毒素療法の全国実態調査(2013年調査との比較)
実績
進行中