会則

第1章 総則

第1条
本会は、日本弱視斜視学会 (Japanese Association of Strabismus and Amblyopia )、と称す。
略称として(JASA)を用いる。
第2条
本会は、財団法人日本眼科学会と協力し、日本における斜視および弱視研究の正しい発展と普及をはかることを目的とする。
第3条
本会は、会務を処理するため事務局を
〒567-0047 茨木市美穂ヶ丘3-6 山本ビル302号室におく。

第2章 会員

第4条
本会は、第2条の目的達成に深い関心を持つ医師、視能訓練士および理事会の承認した有志を以って組織する。
第5条
会員は、学会の参加、機関誌の無料配布、その他の利益を受けることができる。
会員は、学会にて研究発表を行うことができる(発表者は会員に限る)。但し、学会会長は、会員以外の者を招請し、発表させることができる。
第6条
本会は、会費の外、有志ならびにその他の機関から寄付金を受け入れることができる。
第7条
会員は、退会、除名、解散によって、その資格を失うものとする。
但し、会費の払込みを3ヵ年以上怠った場合は退会したものとみなす。
なお、本会に対し、不信の行為があった場合は理事会の決議によって除名することができる。

第3章 事業

第8条
本会は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  1. 学会の開催
  2. 機関誌の発行
  3. 講習会の開催
  4. 弱視および斜視の検査および治療機器の製作の指導と検定
  5. 日本弱視斜視学会学会賞の授与
  6. その他本会の目的に沿った事業

第4章 役員および会議

第9条
本会は、次の役員をおく。
理事長1名、副理事長2名、理事19名(医師15名・視能訓練士4名)、常務理事若干名、監事2名。
理事および監事は、会員中から選出する。
理事長は理事会で互選する。副理事長ならびに常務理事は理事の中から理事長が委嘱する。
なお、理事長は必要があれば理事会の承認を得て理事長推薦理事をおくことが出来る。
理事および監事の選挙は、選挙管理委員会によって施行される。
第10条
理事長は、本会を代表し、本会を総括する。
副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故のあるときはその職務を代行する。
常務理事は、理事長の指示による業務を行う。
理事は、理事長の指示により会務を掌理する。
理事の定年は満67歳とするが、任期満了まで職務を果たすものとする。
監事は理事の業務の執行および財産の状況を監査する。
役員の任期は、3ヵ年とし、選挙翌年の理事会開催日に始まり、その3年後の理事会開催日に終わる。補欠のため選任せられた者の任期は前任者の残余期間とする。
役員は、任期満了後であっても後任者の就任するまでその職務を行うものとする。
第11条
役員は、すべて無給とする。
本会の会議は、総会、理事会および常務理事会とし、理事長がこれを招集し、その議長となる。
第12条
総会は、通常総会および臨時総会とし、通常総会は毎年1回開催し、臨時総会は理事長が必要と認めたときに開く。
第13条
総会、理事会および常務理事会は、それぞれ出席者の過半数以上の同意により議決する。
賛否同数の場合は議長の決するところによる。

第5章 会計・入会金・会費

第14条
本会の事業年度ならびに会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わるものとする。
第15条
入会金は会費1年分とする。
第16条
本会の会員は、年額5,000円の会費を負担する。
第17条
本会の運営に要する経費は、年会費ならびに寄付金などを以ってこれに充てる。
但し、非営利的に運営されねばならない。

第6章 附則

  1. 本会則は、理事会実出席者の2/3以上の同意により変更できる。
  2. 本会則は、昭和39年11月7日からこれを実施する。
  3. 本会則は、昭和53年10月21日から改定、施行する。
  4. 本会則は、昭和58年6月25日より決定、施行する。
  5. 本会則は、平成15年6月27日から決定、施行する。
  6. 本会則は、平成16年2月15日から決定、施行する。
  7. 本会則は、平成21年6月6日から決定、施行する。
  8. 本会則は、平成22年1月1日から決定、施行する。
  9. 本会則は、平成22年3月31日から決定、施行する。
  10. 本会則は、平成23年6月30日から決定、施行する。
  11. 本会則は、平成24年6月29日から決定、施行する。

名誉会員規程

第1条
日本弱視斜視学会の発展に多大の寄与した、原則として65歳以上の会員に対し、名誉会員に相応しい者として理事長が理事会に推薦し、理事会で承認された者
第2条
日本弱視斜視学会の役員を原則として9年以上務めた者
第3条
名誉会員は年会費を免除する。但し、学会機関誌等は配布される
第4条
名誉会員は理事会に参加して学会の発展に寄与する意見を述べることができるが、議決には関与できない。
附則
  1. 本規程は、平成20年4月18日から決定、施行する。
  2. 本規程は、平成24年4月7日から改訂、施行する。

内規

「弱視・斜視を専門とする医師」として申請するにあたり、申請者が筆頭演者である弱視・斜視に関する学術誌または学会発表が少なくとも1つ以上あることが条件です。