多施設共同研究

多施設共同研究―公募のお知らせ

日本弱視斜視学会では、2018年度から弱視斜視学に関連した臨床・基礎・疫学研究を推進するため、会員の皆様から多施設研究の公募を行うことといたします。
公募の要件は以下のとおりです。

募集期間
第1回:3月1日~31日締切、第2回:9月1日~30日締切(年2回)
応募条件
日本弱視斜視学会会員医師・視能訓練士
応募方法
研究計画書をダウンロードして作成し、事務局に送付
研究期間
原則1年間、内容によって2~3年計画可能
補助金交付額
1件につき原則50万円/年間、内容によって増額可能
採択数
年間2~4件
  • 本学会の活動として必要性があれば可能な限り採択いたします。
  • 共同研究者は未定で構いません。学会を通して参加を募ることも可能です。
  • 他の研究費の申請・獲得状況を明記してください。

研究費交付までの流れは以下のとおりです。

研究計画書を理事長および研究担当理事が審議、4月及び10月の理事会で採択を決定。

理事長から採択・非採択の決定を通知いたします。

採択後は速やかに所属施設の倫理委員会の承認を得てください。

多施設共同研究の採択を公表し、場合によって参加施設の募集を学会を通じて行います。

研究終了後に所定の報告書を提出していただきます。

研究方法について、ご相談を随時受け付けます。
会員の皆様の積極的なご応募・ご参加をお待ちしております。

理事長 佐藤美保
研究担当理事 仁科幸子・三木淳司・若山曉美・森本壮

多施設共同研究補助金取扱規程
多施設共同研究補助金取扱細則
多施設共同研究実績紹介